前へ
次へ

小栗産婦人科のご紹介

小栗産婦人科について

昭和36年、春日井市が名古屋市のベッドタウンとして産科の需要が大きい頃、前院長;小栗一郎医師が春日井市八幡町に小栗産婦人科を開業しました。その後医院を拡大充実し、現在の八光町3丁目に移転しました。昭和60年をまぢかにして入院分娩をとりやめ外来クリニックへ転身し、いまに至っています。

前院長のころより通院されていた患者さんが多くいらっしゃり、現院長は気持ちのひきしまる思いです。
書き文字は、小栗一郎による

小栗産婦人科ホームページ

「小栗産婦人科」時代、院長てづくりサイトです。 診療時間など、現在と変更している点があるためリンクを消している部分もあります。ご了承ください。

Page Top

inserted by FC2 system